料理人 槙 かおる さん

プロフィール

割烹旅館に生まれ、幼き頃より瀬戸内の祖父母の家で、新鮮な魚で育つ。
祖母に教わったお袋の味と、家業のおもてなしの味を受け継ぐ。
2006年より始めたブログにて、料理レシピを発信中
各種料理コンテスト受賞、及び書籍掲載多数。
資格、調理師

抱負

日常の小さな幸せ「ときめきと感動」をモットーに、シニア世代のご夫婦やご家族で、作る時から楽しめ、素材の味を活かし減塩と気づかない減塩食、真心のこもった美味しい料理を考案していきたいと思います。

槙さんの料理ブログ
「ひと手間かけておいしいごはん」
http://blog.maki-kaoru.com



過去開催記事

ホタテ貝の香味野菜だれ

帆立貝の変わりお刺身です。香味野菜だれを食べる直前にかけて召し上がって下さい。
香味野菜はお豆腐や冷たい麺にも合うので夏の常備菜にどうぞ

hotate300_2■香味野菜だれ材料 塩分:0.2g/一人前(画像参照)

きゅうり...1本
茄子...1本
茗荷(みょうが)...1個
生姜...10g
青しそ...4枚
納豆こんぶ...15g(1袋分)
熱湯...30cc
白だし醤油...100cc

 

 

 

 

 

■つくりかた

  1. 納豆こんぶをボールに出し熱湯をそそぎふやかし、冷ましておく
  2. きゅうりを5mm角の細かいみじん切りにきざむ
    フードプロセッサー(以後FPと称す)でも可、荒みじん切りにする
  3. 茄子は皮をピーラーでむき、きゅうりと同じようにきざむ、FP可
    (皮をむく事によりアクが出にくく色もきれいに仕上がります)
  4. 生姜は皮をむき、茗荷、青じそとともに2mmの細かい角のみじん切りにする
    FP可、極小にきざむ
  5. 納豆こんぶが冷めたら全ての食材を合わせ、白だし醤油を合わせてよく混ぜる
    冷蔵庫で2時間休ませたら完成です!

◆きゅうりと茄子は食感が残るぐらいの5mmの荒みじん切りが美味しいです
◆生姜は新生姜が手に入ればそれで作ると香りもよいです
◆香味だれ調理例、冷奴にかけてどうぞ

 

料理・レシピ・スタイリング・撮影
槙かおる


>あじたびサロン開催記事に戻る