価格帯で選ぶ














日本三大地鶏:圧倒的な知名度の高さと人気を誇る名古屋コーチンの米こうじ味噌漬けです。
名古屋コーチンは、120日~150日と長期間飼育されるため、脂肪が少なく、もも肉は赤色。歯ごたえがありながらジューシーで、優れた旨味があります。

また名古屋コーチンは、他の鶏と交配させることなく純血のままを保っていることから、昔ながらの地鶏の味を存分に堪能できます。

米こうじを使用した白味噌に、名古屋コーチンを漬け込みました。
香り豊かな味噌が、名古屋コーチンむね肉のきめ細かい肉質を引き立てる人気の商品。
どなたにも喜ばれる贈り物の定番商品でもあります。

安全と美味しさをお届けするために、飼育から加工・品質管理まで安心・安全の一貫体制、名古屋コーチンの老舗中の老舗、三和から直送します。

<調理方法>レンジ、焼き

 

他商品

鶏三和の鍋商品(11月~3月)

  • 送料無料

商品コード
№ sanwa-0002
商品名
三和の純鶏名古屋コーチン
味噌漬(米こうじ味噌)5食入
ポイント
会員54ポイント 獲得
内容量

味噌漬(米こうじ味噌)140g×5食入

賞味期限

製造日より60日(冷凍保存)

配送
ヤマト運輸
  • クール便

原材料名

鶏肉
味噌



さんわグループの創始者である伊藤和四五郎は、文久3年(1863年)2月13日 尾張東春日井郡小牧村に誕生、37歳にて飼料業として伊藤和四五郎商店(現日本農産工業)を創業。

養鶏の先覚である愛知の五味氏、海部氏と養鶏の実利化を唱え、一般養鶏業者に飼料の配合方法について指導を行ってきました。

後に業界初の完全配合飼料の基礎を築き、配合飼料の製造に着手。

その後、昭和8年愛知県知多郡大高町(現名古屋市緑区大高町)に四万坪の広大な敷地に三和農場を建設し、養鶏事業を開始。

名古屋コーチンをはじめ、八万羽を育成する当時としては、東洋一の規模を誇るまでに発展しました。

この業績は、昭和初期のそれまでの家内労働的武士養鶏を、日本の近代的な養鶏産業としての礎となりました。


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。