価格帯で選ぶ


















「揚げ浜式製塩法」とは、650年前から奥能登外浦で続けられてきた自然相手の製塩法です。
その製塩法とは、砂を敷き詰めた塩田に、桶で汲み上げてきた海水を打桶(うちおけ)で弧を描くように霧状にまき、塩を含んだ砂を天日で乾燥させます。

乾いたところで塩の結晶がついた砂を垂船(たれぶね)の中に入れ、そこに再び海水をかけ、塩の結晶を溶かしながら砂と分離させます。濃度の高くなった満塩を取り、分離させた塩水を大釜に入れて8時間ほど荒焚し、その満塩を不純物を取り除く為に胴桶(どうおけ)で“ろ過”します。再び大釜で15~16時間煮詰め、最後に苦汁(ニガリ)と分離させて甘味のある塩に仕上げます。

旨い塩を作る為に、今も650年前と変らぬ製塩法で、全て人力で作業されます。大変過酷な重労働の為、「揚げ浜式製塩法」は、現在では日本で唯一、奥能登の外浦だけで行われており、骨をおって作り上げるこの作業から「手塩にかける」という言葉が生まれたとの事です。
伝統の製法により浜士が丹精込めて作られた「奥能登揚げ浜塩田大谷塩」を是非一度お試しください。

先ずは、野菜炒めやスープなどでお試しいただくと、まろやかな、旨味が増したような味になることが直ぐにお分かりいただけます。

ajibito_banner441

 

他商品

商品コード
№ s-0002
商品名
揚げ浜塩田大谷塩
1kg
出荷期間
通年
ポイント
会員43ポイント 獲得
内容量

1kg

配送
ヤマト運輸
配送サイズ
この商品は60サイズです。
配送料
配送料はこちら
原材料名

海水

備考

商品は都内より発送いたします



塩は殆ど毎日使うもの、良質なものを使いたいものです。 この大谷塩は、日本海の自然海水のみを原料に、一切添加物を使わず、成分は100gあたり、カルシウム190mg・カリウム120mg・マグネシウム420mg・その他微量ミネラル500mgと、釜で煮詰めているにも関わらず、ミネラル含有量は天日塩とほぼ同等。甘味のある体にやさしい塩です。

還流と暖流が丁度ぶつかり合う能登の海水だからこそ、まろやかで旨味までも感じる塩ができあがります。
日本全国、数ある厳選塩の中から選りすぐった、製法から味まで、まさに究極の逸品です。


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。