価格帯で選ぶ




















京都府南部に位置する京田辺市。全国茶品評会では産地賞を受賞する、名実共に最高級の宇治玉露の産地として全国的に知られています。
日本国内で最も高値で取引をされている「京田辺市産手摘み玉露」の中でも、極めて品質の高い玉露を作り出すのが生産者の山下壽一さんです。

家業の茶農家に従事して以来70年のキャリアを持つ山下さん。現在までに全国茶品評会で7度の1等1席(農林水産大臣賞)を受賞。現在は、地元・京田辺市を日本一の美味しい玉露の産地にした功績を称え、「京田辺市の名誉市民」となり、後継には数々の農林水産大臣賞受賞者を輩出する、まさに宇治玉露の名匠(マエストロ)です。

山下さんのこだわりは、大規模茶園では決してできない茶園に応じた土づくりから、手揉み製法を生かした製造技術まで、自らの目で確かめ、手で確かめ、その年の気候に合わせ、お茶の葉を一葉、一葉を大切に育て、手作りで作り上げています。

なかでも山下さんの目が常に届く、屋敷周りの茶畑で生産される玉露は、山下さんが我が子のようにいたわり、愛情注いで作り上げた宇治玉露茶の最高級品。その味は旨みが凝縮され、茶葉は真綿のように柔らかく、山下さん自身も「後光がさす玉露」と納得する出来栄えです。

約40~50℃の低温の湯で、ゆっくりと時間をかけて淹れた山下さんの玉露。舌の上で転がすように味わうと、渋味・苦味はほとんどなく、玉露本来の甘味・旨味が前面に強く感じられます。とろりとした喉ごしはまるでダシのような深い味わい。旨みの余韻がいつまでも続き、喉だけではなく、心までも潤してくれます。

宇治玉露の名匠:山下壽一さんが70年のキャリアの中で培った熟練の技で、精魂込めて作り上げ、年間で数kgしか製造できない超希少な最高級玉露「屋敷の茶」

天皇陛下もお召し上がりいただいた究極の玉露をお楽しみください。

「最高級のお茶を味わってみたい」、「大切な方へお贈りしたい」。そんな方にオススメします。

他商品

商品コード
№ gyokuro-0001
商品名
最高傑作玉露「屋敷の茶」
100g
ポイント
会員216ポイント 獲得
内容量

100g

賞味期限

10ヶ月

配送
ヤマト運輸
配送サイズ
この商品は60サイズです。
配送料
配送料はこちら
原材料名

緑茶(京田辺市産)

備考

保存方法:高温多湿を避け、冷暗所にて保管



昭和9年 :京田辺市(当時:田辺町)普賢寺に生まれる
     中学卒業後、家業の農業(茶農家)に従事
昭和41年:全国茶品評会 玉露の部『農林水産大臣賞』初受賞(一等一席)
昭和45年:全国農林漁業振興協議会『会長賞』を36歳の若さで受賞(全国で12名)
     全国茶品評会 玉露の部『農林水産大臣賞』2度目の受賞(一等一席)
昭和48年:全国茶品評会 玉露の部『農林水産大臣賞』3度目の受賞(一等一席)
昭和54年:全国茶品評会 玉露の部『農林水産大臣賞』4度目の受賞(一等一席)
昭和58年:全国茶品評会 玉露の部『農林水産大臣賞』5度目の受賞(一等一席)
平成元年:『京の名工』に認定
     全国茶品評会 玉露の部『農林水産大臣賞』6度目の受賞(一等一席)
平成2年 :『現代の名工』労働省に認定。労働大臣賞
平成3年 :天皇皇后両陛下に匠の技(手揉みの技)を披露
平成4年 :『緑白綬有功賞』受賞
平成7年 :内閣総理大臣叙勲『勲六等瑞宝章』授章
平成12年:全国茶品評会 玉露の部『農林水産大臣賞』7度目の受賞(一等一席)

現在は、地元・京田辺市を日本一の美味しい玉露の産地にした功績を称え、『京田辺市の名誉市民』であり、数々の農林水産大臣賞受賞者を育てる。
上記のほかに、関西茶品評会に於いて『農林水産大臣賞』一等一席を11回受賞。


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。