価格帯で選ぶ





















長崎県:対馬。九州本土から約100km北に位置する国境の島で、知る人ぞ知る隠れたブランドとして人気を集めているのが「穴子」です。全国屈指の穴子漁獲量を誇る長崎県の、水揚げのほとんどを対馬が占めており、対馬の穴子はその大きさもさることながら、上品でしっかりとした脂の乗り、肉厚で引き締まった身が特徴です。

対馬近海は青潮とも呼ばれる対馬暖流に恵まれ、世界有数の好漁場として有名です。特に対馬西海域は水深が深く200メートルほどあり、そこには穴子の餌となる深海のカニ、エビ、イワシなどが豊富に生息しています。
深海の低温下で豊富な餌を食べて育つ対馬西海域の穴子は、その身にたっぷりと脂が乗っています。また対馬近海は海流が早く、そこを力強く泳ぐ穴子は身が引き締まり、大振りに育ちます。そのため、対馬の西岸で獲れる穴子の食味は他産地のものと比べても格段の差があります。

他産地の穴子は底引き網漁が一般的ですが、対馬では伝統的な「活魚かご漁」で穴子を獲るため、底引き網漁とは違い、魚体を傷つけず品質が高い状態で、生きたまま漁獲することができます。

対馬の穴子は深海に生息しており、太陽光が届かないため日焼けをしません。腹が金色に輝いている事から「金穴子」と呼ばれており、豊洲市場でも評価され、銀座の高級寿司店では軒並みこの対馬の金穴子がネタとして使われています。

あじたびでは、対馬西海域で獲れた肉厚で脂の乗った金穴子:通称「西のとろあなご」を提携漁師から活魚のまま買い取り、現地の加工場で活け締め。何百何千もの穴子を煮たエキスが凝縮された秘伝のタレで、穴子の風味と形を壊さないよう丁寧に煮込んだ「煮穴子」を、急速冷凍後、産地直送でお届けします。

大ぶりで肉厚な身は、その厚みとは対照的に箸が抵抗なく入るほどのやわらかさ。一口食べれば、身はとろけるほどやわらかでふわっとした食感。上品な脂は雑味や臭み、くどさは一切なく、口の中に旨みの余韻を残しスーッと消えていきます。
一般的な穴子はタレの味に負けてしまう事も多いのですが、対馬の穴子は上品でありながらもタレの味に負けず、穴子自体の存在感がしっかりとあり、「穴子を食べている」という満足感があります。

小分け個包装で冷凍されているため、冷蔵庫や流水で解凍後、2分間湯煎するだけで、アツアツの煮穴子をお召し上がりいただけます。そのままご飯に乗せれば、煮穴子丼の完成です。穴子を軽く炙り、錦糸卵を下に敷くと、より美味しくお召し上がりいただけます。

その味わいが評価され、JAL国際線ビジネスクラスにも採用された対馬産「西のとろあなご 煮穴子」を是非ご賞味ください。

ギフト用の化粧箱に入れてお届けしますので、ご贈答にも最適です。

他商品

  • 期間限定
  • S A L E
  • 送料無料

商品コード
№ anago-0001
商品名
対馬産 西のとろあなご
煮穴子Mサイズ×4尾
通常価格
5,400円(税込)
ポイント
会員49ポイント 獲得
内容量

煮穴子姿Mサイズ1尾(65g)×4

たれ:15g×4袋

食べ方ガイド

賞味期限

冷凍90日

解凍後は冷蔵7日

配送
ヤマト運輸
  • クール便

原材料名

煮穴子:マアナゴ(長崎県対馬産)、醸造調味料、砂糖、醤油、発酵調味料

タレ:醸造調味料、砂糖、醤油、発酵調味料

備考

保存方法:冷凍保存(-18℃以下で保存)

※生産者(発送元)の契約上、北海道・沖縄へのお届けは追加送料1,100円がかかります。

 



穴子はうなぎと同様の生態系を持ち、産卵のために東北から黒潮の流れに乗り、沖ノ鳥島の南方300kmあたりの海域で産卵受精します。
受精卵は黒潮に乗って、レプトと呼ばれる子供に育ちながら各地へと波に任せて運ばれ、日本沿岸に流れ着くのは春先の頃です。

対馬の穴子は鰯の群れる春先~スルメ烏賊が沸く梅雨の頃が旬。豊富で良質な餌を食べ、たっぷりと身を肥やします。
しかしながら水揚げから一週間以上も生簀で生かせば脂は落ちて身は硬くなります。水揚げから二日以内に餌を吐かせてすぐに締め、血を抜く事が大切です。この二日以内に締めることが出来てはじめて「活魚」と言えるのです。

あじたびの扱う対馬の金穴子は現地で活け締め~血抜き~加工をおこなうため、獲れたて鮮度のままの金穴子の美味しさを堪能いただけます。

 

 

 

 


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。