価格帯で選ぶ





















日本が誇る和牛肉の代表ともいえる「神戸ビーフ」。
肉質がきめ細かく、脂肪の質が高く、融点が他の和牛よりも低いため、食べた際に脂のしつこさを感じさせないのが特長です。

おいしさの秘密は、脂の風味の決め手であるオレイン酸やうまみ成分のイノシン酸が豊富で、上品な甘みの中に強い旨みがあることが科学分析でも証明されています。

また、神戸ビーフの認定基準は日本一厳しいと言われています。兵庫県内の指定生産者のみによる繁殖と肥育が行われた兵庫県産の但馬牛のうち、未経産牛または去勢牛であり、枝肉格付等がBMS値No.6以上、歩留等級はA・B等級、枝肉重量は470kg以下と定義されています。

この基準の中で、あじたびがお届けする神戸ビーフはさらに肉質の美しさ・柔らかさ・美味しさを求めた希少な「牝(メス)牛」に限定。地元兵庫の川岸牧場より直送します。

モーツァルトが流れる清潔な牛舎で、こだわりの飼料を与え、時間と情熱をかけて育てられた神戸牛は、時を経ても記憶に残る感動の味わい。

甘みある脂質とキメ細やかな舌触りのメス牛の神戸牛は、世界中のセレブリティをも魅了してやみません。

そんな川岸牧場の厳選神戸ビーフの中でも、高級部位であるサーロイン・ロース・肩ロースを、すき焼きに最も適した割合でスライスした「極みロース」です。

見事にサシの入ったロース肉は薄紅色。割り下を加えて焼き上げ、卵をくぐらせていただけば、軽く歯を当てるだけで、ほろりとほぐれる柔らかさ。まさに「とろける」という表現がぴったりです。
甘辛の割り下を纏うことで、神戸ビーフの肉の旨みと脂の甘みがより際立ちます。
しっかりとサシが入った肉質でありながら、後味はあっさりとしてくどさが無いため、シニアの方でも何枚も食べられてしまうのが神戸ビーフの特徴です。

シンプルな味付けだからこそ、肉質の違いが出来栄えに大きく左右されるといわれるすき焼き。神戸ビーフの肉質を熟知した川岸畜産の職人が、すき焼きに最適な厚みでスライスしたロース肉は「一度でも食べるとその美味しさが忘れられなくなる」といわれるほど。

記念日や特別な日には、是非あじたびの神戸ビーフのすき焼きを囲んで、至福のひと時をお迎えください。

神戸ビーフ極みロースは、インバウンドの減少に伴い出荷量が減少しているため、現在生産者支援として特別価格にてご案内しております。

他、スペシャルセール神戸ビーフ商品

  • 期間限定
  • S A L E
  • 送料無料
  • 代引不可

商品コード
№ kobebeef-0032
商品名
【牝牛限定】神戸ビーフ
極みロースすき焼き500g
通常価格
20,250円(税込)
ポイント
会員135ポイント 獲得
賞味期限

冷凍30日

配送
ヤマト運輸
  • クール便

原材料名

神戸牛(兵庫県産)

備考

保存方法: -18℃以下で保存

【冷凍肉の解凍方法】

冷凍肉はお召し上がりいただく前日から低温でじっくりと解凍してください。冷蔵庫のチルド室が最適です。

低温で解凍することにより、お肉の旨みである肉汁もほとんど出さずに品質を保ったまま解凍できます。

短時間で解凍しようとお湯に浸けたり、電子レンジ等を使用すると肉汁が流れ出て、お肉の旨みや風味が損なわれてしまいます。

 



1950年代、初代川岸貞蔵氏が但馬牛の肥育から牛飼いをスタートさせたのが川岸牧場の始まりです。
その後2代目川岸勲氏、3代目川岸裕人氏、4代目川岸正樹氏と継がれ、今では関西でも指折りの牧場となり、但馬牛の牝牛を常時300頭肥育、優秀な但馬牛や神戸牛を数多く輩出しています。

「美しい牛肉」。川岸牧場が考える美しい牛肉とは、見た目のサシ(脂)の入り方だけではなく、消費者が食べたときに本当に美味しい牛肉のこと。そこには名人と称される4代目川岸正樹氏の情熱「本物へのこだわり」があります。
「A5」や「霜降り」という言葉が美味しい牛肉の代名詞のように言われますが、本当に美味しい牛肉は食べたときの味で決まります。柔らかく美味しい、そして美しい牛肉を作るため、牝牛の肥育にこだわっています。
仔牛選びから肥育、エサや環境にもとことんこだわり、牝牛だけで長期間の肥育に力を注ぐなど、妥協を許さない信念と情熱が最高品質の神戸ビーフを作り上げています。

 

 


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。