価格帯で選ぶ


























今や国民食といっても過言ではない人気の「餃子」。
その起源は古く、中国の春秋時代(紀元前6世紀)と言われています。
中国では水餃子で食べるのが一般的ですが、日本では焼き餃子が圧倒的人気を誇り、近年では冷凍技術の進歩により冷凍餃子が普及し、ご家庭でも簡単においしい焼き餃子が食べられるようになりました。

大手メーカーをはじめとして、全国で販売されている冷凍餃子ですが、アミノ酸などの食品添加物が入っていたり、輸入原料を使用しているものも多く、国産原料を使用した無添加の冷凍餃子は極めて稀です。

東京八王子市の信念フーズの餃子は、「料理は技術・技量だけではなく、心が大切」との理念の下、創業当時より無添加・国産原料にこだわり、餃子一筋50年の地藤さんを筆頭に、今も職人が一つ一つ丁寧に心を込めて手包みしたこだわりの手造り餃子です。

味の決め手となるニンニクは、青森県産の最高級品種:福地ホワイト六片種を使用。
一年以上清酒に漬け込み、毎日撹拌を繰り返しながら熟成させます。熟成発酵させることで、にんにくのとがった辛みや臭みが和らぎ、まろやかな旨味を引き出しています。

餡のベースとなる豚肉には豚の臭みの無い国産のSPFポークを使用。1頭約140kgからわずか7~8kgほどしか取れない、餃子に最適な部分を厳選し、余分な脂身を程よくカット。ジューシーでありながらしつこくなく、旨みを最大限に引き出すよう挽きます。

キャベツやネギ、ニラは栽培技術の高い農家が作った安心できる国産野菜を、冷凍ものを避け、旬のものが手に入る産地からその都度取り寄せています。

調味料も赤穂の天塩、国産ごま油、国産米の清酒、特選丸大豆醤油を使用。SPF豚肉の肉汁と数種類の野菜のやさしい甘味、そして素材をバランスよく合わせることで、それぞれの旨味を引き出すよう、理想の配合で混ぜ合わせていきます。

餡を包む皮は、希少な国産小麦100%の『薫風』を使用。食感を重視するため厚さ1mm以下と通常の餃子の半分以下と、向こう側が透き通るほどの極薄皮。あまりに薄いため機械包みはおこなわず、職人が一つ一つ手で包んだ正真正銘の手造り餃子です。

焼き上げれば、立ち上る熟成ニンニクの芳醇な香りが食欲をそそり、クリスピーな薄皮の食感と共に、上質な豚肉の肉汁と野菜の甘みが口に広がります。噛み締めるごとにあふれ出す餡の奥深い旨みと、鼻に抜ける皮の香ばしさが混然一体となり至極の味わい。
ニンニク・餡・皮が見事に調和し、次から次へと箸がすすみます。

お召し上がり方も簡単。冷凍のままフライパンに並べ、レシピ通りに焼き上げるだけ。たった5分で美味しい餃子をお召し上がりいただけます。
1パック12個入りで、1個あたりのサイズも一口で食べられる大きさ。24cmのフライパンに12個をきれいに円形に並べられるため、美しく焼き上げることができます。

食べたいときにいつでも食べられ、ちょっとしたご馳走にもなる。こだわりがギュッと詰まった薫風手造り餃子。自家用としてだけでなく、餃子好きの方へのギフトにもおすすめです。

商品コード
№ gyouza-0002
商品名
薫風手造り焼き餃子
2人前×6パック
ポイント
会員53ポイント 獲得
内容量

肉餃子(12個入り)×6パック

賞味期限

冷凍120日

配送
ヤマト運輸
  • クール便

配送サイズ
この商品は80サイズです。
配送料
配送料はこちら
原材料名

【具】

豚肉(国産)、野菜〔キャベツ(国産)、葱(国産)、韮(国産)、大蒜(青森県産)〕、胡麻油、丸大豆醤油、清酒、胡椒、食塩

 

【皮】

小麦粉(国産)、食塩

備考

保存方法:冷凍庫にて保存



信念フーズ創業者の地藤健史さんは、昭和46年に餃子造りの世界に足を踏み入れて以来、「ニンニク、餡、皮が一体となった『餃子の味』がする」理想の餃子を求め、すべての食材とおいしさにこだわり、試行錯誤を繰り返しながら何十万個という餃子を作り続けてきました。

健史さんの餃子一筋50年の人生において生み出されたのが、「熟成にんにく」、「良質な国産SPF豚」、「おいしい国産野菜」が絶妙なバランスで配合された餡と、それを活かす「こだわりの薄皮」。それらを一つ一つ丁寧に心を込めて手包みする「職人の技術」。そのすべてが見事に調和した究極の餃子「信念手造り餃子」です。

健史さんがこだわり抜いて作り上げた「一度食べたらやみつきになる」と言われる理想の餃子の味わいは、現在2代目当主:地藤富敏さんに引き継がれています。

 

 

 


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。