価格帯で選ぶ

























国内屈指の黒毛和牛の産地:宮崎県。
宮崎県ではかねてから肉用牛の子牛の生産が盛んで、子牛の約4割を県外に出荷しており、松阪牛をはじめとした全国のブランド牛の素牛となっています。

 

宮崎県内では肥育も盛んで、県内で育てられた肉牛の中で、肉質等級が上位ランク(4.5等級)のみが名乗れる「宮崎牛」は、やわらかさ、色合い、味わいの素晴らしさが特徴。

「和牛のオリンピック」とも言われる全国和牛能力共進会で、3大会連続内閣総理大臣賞受賞の栄誉に輝き、国際線のファーストクラスやアカデミー賞のアフターパーティーのメニューにも採用され、宮崎牛の知名度は世界に広がっています。

あじたびでは、世界で評価を受ける宮崎牛の中でも、5等級肉であることはもちろんのこと、希少なBMS(ビーフ・マーブリング・スタンダード=霜降りランク)12段階中10以上の特別な宮崎牛、「宮崎牛の王様」のロースステーキをご用意しました。

最高級のロース肉にはキメ細かなサシが満遍なく入り、赤色というよりも薄桃色。
「霜降り」の名のごとく、うっすらと霜が降りたような見事なサシは、まさに芸術品。他を寄せ付けない圧倒的な見栄えに品格すら感じます。

焼き上げと共に良質な脂が弾け、甘く芳醇な香りが立ちのぼります。
表面をカリッと焼き上げたステーキ肉はナイフが抵抗なく入り、カット面からは艶のあるロゼ色の断面が顔をのぞかせます。

一口食べれば、とろけるような柔らかさとあふれ出す肉汁の旨み。
豊潤な肉汁を含む赤身の旨みの中に、細かく入ったサシの脂の甘みのバランスが絶妙です。
これだけ見事なサシが入っていても脂はくどさを感じず、スーッと軽やかに溶け、甘く芳醇な香りが鼻を抜けていきます。

宮崎の畜産農家のたゆまぬ努力と探求心の粋を結集させた和牛の芸術品「宮崎牛の王様」。フォルムの美しさ、色合い、柔らかさ、旨み、甘み、香り、いずれをとっても非の打ちどころがなく、まさに「王様」の称号にふさわしい至高の逸品です。

人生の節目のお祝いやここぞといった特別な場面に、「宮崎牛の王様」のステーキで素敵な時間をお過ごしください。

ご贈答やギフトにも最適。先様に驚かれること間違いなしです。

※宮崎牛特選ロースステーキは原料確保の関係から、ご注文からお届けまでに2週間程度お時間を頂戴しております。ご理解の程よろしくお願いいたします。

他商品

  • 期間限定
  • S A L E
  • 送料無料
  • 代引不可

商品コード
№ miyazakigyu-0001
商品名
宮崎牛の王様【5等級BMS10以上】
特選ロースステーキ250g×2枚
通常価格
17,820円(税込)
ポイント
会員170ポイント 獲得
内容量

250g×2枚

賞味期限

発送日を含め冷蔵5日

配送
ヤマト運輸
  • クール便

配送サイズ
この商品は60サイズです。
原材料名

宮崎牛

備考

保存方法:要冷蔵

 



宮崎県では古くから馬産が主体でしたが、終戦後馬産の急激な衰退と和牛需要の発展に伴い、肉用牛の子牛の生産に力をいれるようになりました。

「育ちやすく、飼いやすく、肉質のよい」和牛を目指すため、体格に優れる「気高系」、バランスに富む「糸系」、高い肉質を誇る「但馬系」の三大血統の特徴を活かした育種改良を重ね、試行錯誤を繰り返した結果、安平号や糸秀号といった「スーパー種牛」と呼ばれる優秀な種牛を輩出しました。

1971年からは子牛の生産のみならず、肥育から食肉処理までの一貫生産体制を開始。1986年には「宮崎牛」ブランドが確立され、全国和牛能力共進会3大会連続内閣総理大臣賞受賞など輝かしい受賞歴や世界各国のスペシャリティメニューとしても扱われるようになり、世界的にも認知されるブランド牛となりました。
その背景には、代々受け継がれた、春夏秋冬、朝から晩まで、家族みんなで牛に寄り添い「牛を家族として育てる」という畜産農家の愛情と、畜産農家が大切に育てた命を「世界の宮崎牛」として誇りをもって送り出す食肉生産者の想いが詰まっています。

 


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。