価格帯で選ぶ


















紀州・熊野の霊場を結ぶ参詣道「熊野古道」。
古代から中世にかけ、本宮・新宮・那智の熊野三山の信仰が高まり、上皇・女院から庶民にいたるまで、多くの人々が熊野古道を通り、参詣をおこないました。
2004年には世界遺産にも登録され、現在も巡礼のために多くの人が参詣に訪れます。

そんな信仰の道:熊野古道の終着点である熊野本宮に、古より現代に受け継がれている餅菓子が「熊野本宮・釜餅」です。

中世の昔から本宮大社が建っていた大斎原(おおゆのはら)のもち米を使用し、蒸篭(せいろ)で蒸さず、お米と同じように釜で炊きあげます。炊き上がったもち米を、職人4人がすりこ木と巨大なしゃもじを使い、交代で手早く搗き、半搗きの状態に仕上げるのが古来より伝わる製法です。

搗きたて熱々の餅に北海道産小豆と甜菜(てんさい)糖を使った自家製つぶ餡を乗せ、職人が一つ一つ手作業で包み込んでいきます。手作業で包み込むことで釜餅ならではのふんわりとした食感に仕上がります。

出来上がった釜餅はそのまま急速冷凍を施し、香りや食感、風味を閉じ込めます。お召し上がりになる前に自然解凍していただくと、搗きたての美味しさがよみがえります。

「釜炊き・半搗き製法」で仕上げた餅は、おはぎとも大福とも異なる味わいで、ふんわりとした餅の食感とお米の粒々感の両方が楽しめます。

自家製の粒あんは甘さ控えめ。甜菜糖を使用しているため優しい甘さで、北海道小豆の香りを引き出しています。また、甘さの中に感じるほどよい塩味も小豆の旨みを際立たせています。

あじたびでは「熊野本宮・釜餅」を三種の味わいでお楽しみいただけるようギフトセットでお届けします。

目にも鮮やかな深草色と爽やかな香りの「よもぎ」。赤飯のような薄紅色と独特な粘りのある「古代米」。熊野名産の釜炒り茶の贅沢な香りと歯ごたえと香ばしさがアクセントの「くるみ」。いずれも地元:熊野産を中心に国産原料を使用した、素朴でありながらも餅米と餡のバランスが見事に整った味わいです。

もち米を炊く作業以外はすべて手作業。一日に製造できる量も限られているため、熊野本宮近隣でしか食べられず、「幻の餅」ともいわれてきた釜餅を是非ご堪能ください。

商品コード
№ kamamochi-0001
商品名
【無添加】熊野本宮 秘伝の釜餅
3種16個ギフトセット
ポイント
会員34ポイント 獲得
内容量

・よもぎ(4個入)×2パック

・古代米(4個入)×1パック

・くるみ(4個入)×1パック

賞味期限

冷凍180日

配送
ヤマト運輸
  • クール便

配送サイズ
この商品は60サイズです。
配送料
配送料はこちら
原材料名

よもぎ:もち米、小豆、てんさい糖、よもぎ、きな粉、食塩

古代米:もち米、小豆、てんさい糖、黒米、きな粉、食塩

くるみ:もち米、小豆、てんさい糖、くるみ、釜炒り茶、食塩、きな粉、醤油

備考

室温で約3時間自然解凍させてお召し上がりください。

北海道・沖縄県宛の送料について

生産者(発送元)の契約上、

北海道・沖縄県宛の送料は2,160円となります。



地元の材料にこだわった食品の製造・販売を通じて、癒しの地としての熊野の魅力を伝える活動をおこなっている熊野鼓動。

安心安全な食を届けるため、地元熊野で栽培・採取された作り手の顔が見える原材料を中心にした国産原料を使用し、製造過程においても添加物の使用を控え、伝統的な製法を用いることにこだわっています。

また、商品を通して熊野の歴史と豊かな自然の息吹を伝えられるよう、原材料生産者の紹介や地域の情報発信を積極的におこなっています。

こうした取り組みが認められ、熊野本宮・釜餅は2018年に「和歌山県優良県産品(プレミア和歌山)推奨品」となっています。

 

 

 

 


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。