価格帯で選ぶ
























江戸時代に佃島の漁民が小魚や貝類を塩や醤油で煮詰めて常備菜・保存食としたのが始まりと言われる江戸前佃煮。
当初自家用に食べられていた佃煮は、保存性の高さと価格の安さから江戸庶民に普及。さらには参勤交代の武士が江戸の名物・土産物として各地に持ち帰ったため全国に広まりました。

江戸前佃煮最古の老舗が天明2年(1782年)創業の新橋玉木屋です。

玉木屋の佃煮は、新鮮な海の幸・山の幸を使用し、創業以来240年に亘り継ぎ足しされた無添加の秘伝のタレで、職人が手作業でひと釜ひと釜じっくりと炊き上げます。

炊きあがった佃煮は、ビシッと効いた醤油の風味に、素材ごとに煮込んだコクが加わり、噛みしめるごとに素材の旨みが広がります。

甘辛い佃煮が多い中で、玉木屋の佃煮は本来の江戸前佃煮を感じさせてくれるキリッと辛口の味わいです。

そんな玉木屋の佃煮の中でも帆立、あみ、でんぶの人気3種をギフトセットにしました。

どれもご飯が進む、日本人が大好きな味わいです。
温かいご飯やお茶漬け、おにぎりにはもちろん、酒の肴にもおすすめです。

一度食べると忘れられない、時代に妥協しない、伝統の江戸前佃煮の味わいをご堪能ください。

化粧箱に入れてお届けしますので、ご贈答にも最適です。

【あみの佃煮】

あみとは海老に似た小さな甲殻類で、あみの佃煮は江戸前佃煮でNo.1の人気を誇ります。国産の貴重な淡水産のイサザアミを使用し、玉木屋秘伝のタレで炊き上げるあみの佃煮は、創業以来変わらない定番の味わいです。

【帆立貝】

国産帆立貝を使用し、創業以来継ぎ足した秘伝のタレで炊き上げました。ビシッと効いた醤油の風味に、貝柱の甘みとヒモの旨みが絶妙なバランス。あとをひく美味しさです。

【でんぶ】

国産真たらを甘辛に炊き上げました。着色料を使用していないため、見た目の華やかさはありませんが、自然の色合いが本物の証。噛みしめるごとに鱈の旨みが口いっぱいに広がります。

 

他商品

 

商品コード
№ tamakiya-0001
商品名
新橋玉木屋謹製
江戸前佃煮三種ギフト
ポイント
会員39ポイント 獲得
内容量

あみ佃煮70g、帆立貝佃煮70g、でんぶ60g

賞味期限

40日

配送
ヤマト運輸
配送サイズ
この商品は60サイズです。
配送料
配送料はこちら
原材料名

【あみ佃煮】
あみ(国産)、醤油(小麦・大豆を含む)、砂糖、還元水飴

【帆立貝佃煮】
帆立貝(国産)、砂糖、醤油(小麦・大豆を含む)、還元水飴、生姜、本みりん、発酵調味料

【でんぶ】
真たら、砂糖、醤油(小麦・大豆を含む)、還元水飴、発酵調味料、本みりん

備考

直射日光を避け、常温にて保存してください




新橋玉木屋の歴史は江戸時代、天明二年(1782年)に越後の国 通称・玉木村の七兵衛が江戸片側町(現在の新橋)に小さな店を構え、郷里の玉木村の名にちなんで「玉木屋」と屋号を称したところから始まります。

当時は家伝の「座禅豆」で知られていましたが、三代目七兵衛のとき佃島の漁民が小魚を煮て売っていたことにヒントを得、独特の風味を添えた「つくだ煮」を創りあげました。

「つくだ煮」は「座禅豆」とともに、当時の文化人たちの好みに合い、江戸の風流人・方外道人の著した『江戸名物詩』にも取り上げられ、新橋玉木屋の名は江戸八百八町の隅々にまで広まっていきました。

明治時代に入ると、玉木屋は「玉木屋の座禅豆、座禅豆の玉木屋」といわれるまでになり、永井荷風の著書『断腸亭日乗』にも玉木屋の煮豆が登場するほどの人気を博します。

 

明治21年(1888年)佃煮の功績を讃えられ、田巻七兵衛は明治政府農商務大臣より六頭褒賞を受賞。
年末には顧客を整理するため、青竹で竹垣を作ってその混雑を防いだところ、その客の列は二丁(約200m)余り続いたと言われています。

そして時代は大正、昭和、平成を駆け抜け令和へ。

めまぐるしい時代の移り変わりを経て、現在の「玉木屋七兵衛」は十代目。

三代目七兵衛が創りあげた「玉木屋の佃煮」の、伝統の味づくりの心と腕を脈々と受け継ぎ、今日もなお、その純粋な味と香りは引き継がれてます。


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。