価格帯で選ぶ




















山梨県笛吹市。甲府盆地の東部の扇状地に位置し、肥沃で水はけの良い土壌、長い日照時間と昼夜の寒暖差を活かし、古くより果樹栽培が盛んにおこなわれてきました。
特に、桃とぶどうは生産量日本一で、色彩の変化とともに移りゆく葡萄畑の物語は、「葡萄畑が織りなす風景」として日本遺産にも認定されています。

そんな笛吹のぶどうの中でも、全国の生産者が「最も栽培したいぶどう」として注目を集めているのが、ブラックシャインマスカット「富士の輝(ふじのかがやき)」です。

笛吹市に在る志村葡萄研究所が「ウィンク」と「シャインマスカット」をかけ合わせて自社開発した富士の輝は、500円玉を凌駕するほどの特大粒。

種なしでパリッと皮ごと食べられ、弾力のある食感。糖度は平均24~26度で、中には30度を超えるものもあります。
圧倒的な甘みと黒ブドウならではのコクのある味わいが話題を呼び、様々なメディアで紹介されています。

まさに「夢のぶどう」とも言える富士の輝ですが、栽培が難しいことから生産農家が少なく流通量も限られているため、その希少性も相まって「幻のぶどう」とも言われています。

あじたびでは富士の輝の中でも、生みの親である志村葡萄研究所で栽培された志村さんの富士の輝に限定してお届けします。

シーズン中は志村さんの富士の輝を求め、遠方から笛吹まで訪れるお客様も多く、販売所の前には朝早くから行列ができるほど。
購入に関しては抽選で、10房単位で購入されていく方も多いため、午前中で完売してしまうことも珍しくありません。

そんな志村さんの希少な富士の輝を、あじたびでは数量限定ではありますが、特別に分けていただくことができました。

栽培が難しい品種のため、色付きが悪く赤かったり、まだらだったりする富士の輝が市場やネットショップで安価で販売されていますが、開発者である志村さんが栽培した富士の輝は、ブラックシャインマスカットの名にふさわしい漆黒に近い深紫色。
表面を淡雪のように覆うブルームが、志村さんの丁寧な仕事ぶりと鮮度の良さを物語っています。

特大粒の実を皮ごと頬張れば、皮からは黒ブドウの芳醇な香りと濃密なコクが、実からは濃厚な甘みと果汁があふれ出し、口の中でとろけるように広がります。

さらに、志村さんの富士の輝が真価を発揮するのは食べ終えてから。
飲み込んだ後もしばらくの間、コクと香り、甘みの余韻が続き、味のふくらみをお楽しみいただけます。

志村葡萄研究所オリジナルの段ボールケースに入れてお届けするため、ご贈答には向きませんが、近しい方やぶどう好きの方には是非お試しいただきたい逸品です。

食べれば百人が百人虜になる。志村さんの富士の輝をご賞味ください。

輸送中の品質保持のため、1発送単位1ケースとさせていただきます。

ajibito_banner441

  • 期間限定
  • 予約商品
  • 代引不可

商品コード
№ fujinokagayaki-0001
商品名
山梨笛吹産 志村さんのブラックシャインマスカット【富士の輝】
2房
販売価格18,900円(税込)
       
完売いたしました。
出荷期間
7月上旬~8月中旬
ポイント
会員189ポイント 獲得
内容量

2房(1.2~1.5kg)

賞味期限

早めにお召し上がりください。

配送
ヤマト運輸
  • クール便

配送サイズ
この商品は80サイズです。
配送料
配送料はこちら
原材料名

葡萄(山梨県笛吹市産)

 



志村葡萄研究所は、大手ワインメーカーに34年間勤務し、ぶどう栽培に携わった志村富男氏が、葡萄の育種を専門に設立した研究所です。富男氏の長年にわたる研究の中で、30種類を超える品種のぶどうが開発されました。

2代目の現所長:志村晃生氏は、志村葡萄研究所が生み出した葡萄を広く世に知ってもらうため、ぶどう栽培の傍ら、栽培法の確立から全国の生産者のサポート、販売ルートの確立など、多岐にわたり活躍しています。

ブルームについて

ぶどうの表面にある白い粉はブルームと呼ばれるもので、ぶどうが自ら生成している天然物質です。
ぶどうの実から水分の蒸発を防ぎ、その鮮度を保つ働きを持っています。
ブルームが無いとぶどうは病気になったり、美味しい果肉を維持することができなくなるため、ブルームの存在は「新鮮な証」でもあります。
ブルームが残っているぶどうは、生産者が栽培過程で丁寧な管理をし、大切に育てられたという証でもあります。人体には無害です。

 


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。