価格帯で選ぶ




















世界遺産「白神山地」の麓、日本海沿岸に位置する青森県:鰺ヶ沢町。
白神山地の山の幸と、日本海の海の幸に恵まれた鰺ヶ沢は、江戸時代には北前船の西海岸の湊町として栄え、現在も魚種豊富な鮮魚の水揚げがある漁師町として栄えています。

特に肉厚で良質な鰺ヶ沢のスルメイカは評判がよく、古くからイカの加工品づくりが盛んにおこなわれています。

海岸沿いを走る国道101号線には、通称「焼きイカ通り」という場所があり、イカ焼き店が生のイカを何列にも並べて干す姿は「イカのカーテン」と呼ばれ、地元の風物詩となっています。

そんなイカ焼き店の一つ「赤羽屋磯辺商店」の、磯辺さんの生干しイカです。

原料となるイカは、地元鰺ヶ沢を中心に青森で水揚げされた「秋イカ」と呼ばれる新鮮なスルメイカ。スルメイカというと夏のイメージがありますが、冬の産卵期に向けて体に栄養を蓄えた秋イカは身質が良くなり、味わいも増します。

そんな秋イカの中でも200g以上の肉厚のものを厳選し、快晴で冷涼な風のある日を狙って数時間天日干しにすることで、程よく水分が抜け、生の食感を残したまま旨みが凝縮されます。

イカの生干しは、少しの温度や湿度が品質に大きく影響します。磯辺さんの干し場では温度計と湿度計が設置されており、常に細かくチェックすることで干し時間を調整したり、風向きによってイカを干す位置を変えて、ベストの状態に干し上げます。
ロープに干す生産者が多い中、磯辺さんは縄跡がつかないよう、木材に干すことで、イカに縄目が付かず綺麗な仕上がりになります。

強火でサッと焼き上げた生干しイカは、まったく縮むことなくジューシーな焼き上がり。
肉厚のイカにかぶりつけば、プリッとした食感と噛みしめるたびに広がるイカ本来の旨味が口いっぱいに広がります。

焼きたてはもちろん、冷めてもプリッとジューシーな食感はそのままに、イカの甘みがより一層際立ちます。

酒の肴やごはんのお供はもちろんの事、食塩不使用のため、天ぷらや炒め物など幅広いメニューにお使いいただけます。

鰺ヶ沢の太陽と浜風の旨みがギュッと詰まった生干しイカを是非ご賞味ください。

 

他、磯辺さんの商品(同梱可)

商品コード
№ aomoriika0002
商品名
青森鰺ヶ沢産 生干しイカ
特大サイズ1枚
ポイント
会員8ポイント 獲得
内容量

生干しイカ1枚(200g以上)

賞味期限

冷凍6か月

配送
ヤマト運輸
  • クール便

配送サイズ
この商品は60サイズです。
配送料
配送料はこちら
原材料名

いか(青森県産)

備考

生干しイカは食塩不使用ですので、焼きイカの場合は軽く塩を振るなど、お好みの味でお召し上がりください。

 

焼き上げの際に、両サイドに2cm程度の切れ込みを2~3本ほど入れてから焼いていただくと丸まりにくいです。



北海道に次ぎ、全国第2位のイカの水揚げ量を誇る青森県。
青森ではイカは1年中獲れますが、スルメイカは、春から夏にかけて暖流にのって北上し、秋になると産卵のため、再び九州に向けて南下します。

そのため、夏から秋にかけてが青森でのスルメイカの旬になりますが、とくに美味しいのが初秋に獲れる「秋イカ」です。

日本海・津軽海峡・太平洋に挟まれた青森沖は海流がぶつかる好漁場で、スルメイカのエサとなるプランクトンが夏場にかけて大量発生します。

秋の産卵期に向けて、夏の間に豊富なプランクトンをたっぷりと食べたスルメイカは、身や腑腸(ふわた)=イカゴロにたっぷりと脂肪を蓄えます。

青森の秋イカが美味しいといわれる所以です。

 

 

 


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。