価格帯で選ぶ






















和歌山県湯浅湾は古くから沿岸漁業が発達し、中でも太平洋を黒潮に乗ってやってくるイワシの稚魚を獲る「しらす漁」が盛んです。

しらすの本場和歌山県湯浅町に創業150余年、しらす加工業一筋の老舗しらす屋「前福」があります。

前福で使用する原料は、湯浅湾のしらすと有田川の天然ろ過された伏流水、赤穂の天然塩の3種類のみ。
代々受け継がれる伝統の製法で仕上げた無添加・無着色のしらすを天日干しにした前福特製のちりめんじゃこです。

湯浅湾の豊富なプランクトンを餌に旨みと脂を蓄えた獲れたてのしらすを、この道40年の目利きが厳選。水揚げ後、市場から車で3分の場所にある前福の釜場ですぐに釜茹でされます。

水揚げから釜茹でまで、短時間で一連の作業を行えることで、新鮮な内にしらすを茹で上げることができます。

釜揚げも、しらす本来の旨みをしっかりと引き出すため、大きさや種類などシラスの状況によって塩加減や茹で加減を変え、職人の手で一つ一つ丁寧に、最適な状態に仕上げていきます。

塩と水だけのシンプルな調理故に、伝統に裏打ちされた確かな技術と経験が、出来栄えを大きく左右します。

釜揚げのしらすを人の手で丁寧に天日干ししていきます。
少しの摩擦でも傷付けてしまう繊細なしらすは、天日干しの際に状態を確かめながら丁寧に広げていきます。
ミネラルを含んだ湯浅湾の潮風と、燦燦と降り注ぐ太陽光により、殺菌効果と旨味成分のイノシン酸などが凝縮。カルシウム豊富な、ふくよかな風味のちりめんじゃこに仕上がります。

2~3時間ほど天日干しされた中乾のちりめんじゃこは、釜揚げしらすのふんわりとした食感が残っているため、じゃことは思えないほどの柔らかさ。また、天日干しにすることでしらすの旨みや甘みが凝縮するため、釜揚げに比べ深い味わいが特徴です。

塩加減も程よくご飯のお供にぴったり。大根おろしを加えればより一層美味しくお召し上がりいただけます。

素材の良さを最大限に生かし、150余年に亘り受け継がれてきた伝統の製法で仕上げる、前福の自然の旨みたっぷりのちりめんじゃこをお届けします。

化粧箱に入れてお届けしますので、ご贈答用にも最適です。

他商品

商品コード
№ chirimenjako-0002
商品名
【前福謹製】天日干し中乾ちりめん
500g
ポイント
会員53ポイント 獲得
賞味期限

製造日より冷蔵11日

配送
ヤマト運輸
  • クール便

配送サイズ
この商品は60サイズです。
配送料
配送料はこちら
原材料名

いわし稚魚(和歌山県産)、食塩

備考

消費期限内に食べきれない場合は冷凍保存も可能です。
ちりめんじゃこが届いたその日に1回の食事分に小分けして急速冷凍し、お召し上がりの際は半日くらい前に冷蔵庫で解凍してください。また冬場は常温で自然解凍がおすすめです。



太平洋に面し、温暖な気候と良質な水に恵まれた自然豊かな町:和歌山県湯浅町。
湯浅町の前浜である湯浅湾では、紀伊山地から無数の川を経て海へ注ぐ豊富な山のプランクトンを餌に海のプランクトンが大量に発生します。
湯浅湾の豊富な海のプランクトンを餌に、1年を通して栄養豊富で旨みたっぷりの良質なしらすが育ちます。

しらす漁はたいていが2隻の小型船で網を曳く2艘曳き、通称「バッチ網」という漁法が主流。湯浅でもこの漁法を中心にしらす漁が盛んに行われています。
網を曳く2隻に加え、漁は魚群探知船を兼ねた運搬船も加わった3~4隻のチームプレー。湯浅の漁師たちは網やその立て方にそれぞれ工夫を凝らしています。

柔らかく脂ののったしらすたちは、水揚げされて間を置かずに地元のしらす加工職人によって釜茹でされます。釜を炊く時間は、浜や加工場など町内あちこちにおいしい香りが立ち込めます。

湯浅町は醤油発祥の地であることから、しらす満載の丼に湯浅の醤油をかけたしらす丼がご当地グルメとして人気を博しています。
しらす丼のある店は店頭にたなびく「しらす丼」のノボリが目印。店ごとにアレンジが違うため、しらす丼巡りもおすすめです。

 


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。