価格帯で選ぶ




















「漁業の町」氷見市は日本海の中央部、能登半島に抱かれた富山湾の北西部に位置し、海の向こうには3,000メートル級の北アルプス立山連峰が一望出来る景勝の地に、約20キロメートルの海岸線が続いています。

 

氷見沖合には大陸棚が広く分布し、地形的に恵まれた好漁場を形成し、古くから漁業が盛んに行われており、氷見沖でとれる魚は、キトキト(富山の方言で「新鮮」の意味)な魚と評価が高く、中でも厳冬の富山湾に雷鳴とともに来遊する寒ぶりは、全国にその名が知られています。

ブリは九州で生まれて北海道まで北上。秋には南下を始め、能登半島沖には初冬から真冬にかけて一番脂がのった時期に到達します。

初冬に「ブリ起こし」と呼ばれる特有の低気圧が通り、雷鳴がとどろき海が荒れると、夏に北海道の海で小魚を食べてまるまると太った寒ブリが富山湾の氷見沖に入ってきます。

この時期、氷見の定置網で獲れる寒ブリは春の産卵に備えて栄養を蓄えており、重さ10kgを超えるものもあります。

日本海の荒波にもまれ身が引き締まり、最も脂がのった美味しさから、氷見、佐渡、能登のブリは「越中ブリ」「日本三大ブリ」と言われています。今も最高級ブリの代名詞ですが、とくに「氷見の寒ブリ」は最高級ブランドとして珍重され、その味と食感は「富山湾の王者」の名にふさわしい風格を感じさせます。

5kg前後のブリはそれなりに水揚げがありますが、本当のブリの旨みは「脂ののった大型のブリ」こそが持ち得る味です。

あじたびでは氷見市で100年以上の歴史を持つ、「松本魚問屋」の松本幸一郎氏が自ら目利きをおこない、10kg級の中でも丸々と太り脂乗りがよく、魚体が美しい最高級の氷見ぶりだけを厳選。水揚げ当日に産地より直送いたします。

たっぷりと脂が乗っていながらも嫌味が無く、噛み締めるごとに心地よい弾力と深い旨みがあふれ出し、ブリ特有の臭みを一切感じさせないひみ寒ぶり。ブリトロ、ブリカマ、照り焼き、旬のひみ寒ぶりを使って、最高の寒ブリ尽くしをお楽しみください。

ブリは何と言っても縁起物。お歳暮や年末年始のお祝いの席にもうってつけ。
特別な方に。特別な日に。この時期にしか味わえない特別なひみ寒ぶりをご堪能ください。

他商品

  • 期間限定
  • 予約商品
  • 代引不可

商品コード
№ himiburi-0001
商品名
氷見の寒ブリ
丸一本
販売価格86,400円(税込)
出荷調整中
販売再開時カート開放
出荷期間
11月下旬~1月中旬
ポイント
会員864ポイント 獲得
内容量

10kg
※魚体で10kgになります。内臓処理をおこなった場合は実質重量は約7kgになります。

賞味期限

出荷日より3日
※要冷蔵

配送
ヤマト運輸
配送サイズ
この商品は160サイズです。
配送料
配送料はこちら
原材料名

ブリ

備考

販売価格は目安です。
時価になります。
内容量は目安です。

 



【ブリの下処理および配送につきまして】

ワタ抜き、三枚おろし、皮ひき等、下処理も承っております。下処理をご希望の方はご注文時「備考欄」にご希望される下処理をご記載ください。なお頭を落として下処理をした場合、配送はひみ寒ぶり専用の青箱に詰めて、120サイズクール便にて発送いたします。
特にご指示のない場合は丸のまま、配送はひみ寒ぶり専用の青箱に氷を敷き詰めて、160サイズ常温便にて発送いたします。

【日時指定をご希望されるお客様につきまして】

ひみ寒ぶりは日によって値段が乱高下します。ご注文はご予約として右の販売価格で承りまして、出荷日の寒ブリの相場で改めて販売価格をご案内いたします。ご案内の価格にてご購入いただける方のみ日時指定を承ります。

日時指定の無い方は右の販売価格にて承ります。

 

【氷見の寒ブリについて】

氷見魚ブランド対策協議会が判定した期間に富山湾の定置網で捕獲され、氷見漁港で競られたブリを「ひみ寒ぶり」と呼びます。ブリが獲れはじめてから、ブリの大きさや数量、形などを、判定委員会がみて、本格的な氷見のブリシーズンが迎えたことを判断したうえで、「ひみ寒ぶり」宣言を行います。ひみ寒ぶり宣言後は、1魚体に1枚ずつ氷見漁港で競られたことを証明する「販売証明書」を発行し、「ひみ寒ぶり」と書かれた統一デザインの青箱に入れ出荷します。2017年より対象サイズを7kgを超えるぶりのみに変更し、一層のブランド強化を図っています。

 


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。