価格帯で選ぶ




















兵庫県の内陸部に位置する丹波篠山地方。
標高200~300mに位置する篠山盆地は周囲を山々に囲まれているため、年間の気温差も昼夜の寒暖差も激しく、夏は蒸し暑く冬は厳しい底冷え、秋には霜も降りるという厳しい環境です。

しかしこの風土と肥沃な土壌が良質な作物をはぐくみ、米や栗、松茸など、どの作物も甘みやコクが強く、風味豊かに育ちます。

そんな丹波篠山地方で栽培される作物の中でも群を抜いて美味しいと言われているのが黒大豆、いわゆる黒豆です。

今では全国で栽培されるようになった黒豆ですが、丹波地方の黒豆は高級品として扱われ、さらに丹波地方の中でも篠山地区産は土壌の違いから別格と言われています。

日本一と言われる篠山地区の黒豆は、その粒の大きさ、独特のコク、甘み、ほっくりとした食感、どれをとっても通常の黒豆とは別次元の美味しさで、まさに黒豆の王様と言う名にふさわしい風格のある味わいです。

あじたびがお届けする丹波篠山産の黒豆は「丹波の黒豆発祥の地」と言われる日置地区で栽培されたもの。丹波の黒豆は豆が大きく育成に時間がかかりますが、正月用の黒豆に間に合わせるために、葉を落とし、枯らす作業を強制的におこない、収穫後も機械乾燥をおこなう生産者が多い中、自然に落葉し、豆が完熟するまでじっと待ってから収穫し、自然乾燥させる従来のやり方で栽培された完熟黒豆です。そんな完熟黒豆を生産者が一粒一粒丹念に選び抜いた2Lサイズの大粒黒豆をお届けします。

煮豆にすればふっくら皮切れなく煮上がり、完熟させる事で味が濃くなり、自然乾燥させることで黒豆の香りがより一層増した丹波の黒豆の味わいをしっかりと感じられます。

煮豆だけではなく、炒って軽く塩を振れば、皮の香ばしい香りが加わり、ほのかな塩味が炒った黒豆の凝縮された甘みと旨みを引き立てます。

黒豆を料理する方は、きっと腕が鳴ることでしょう。
お正月にはもちろん、植物性たんぱくなど体に大切な栄養を豊富に含む黒豆は、シニアの方には年間を通しておすすめしたい逸品です。

丹波篠山産黒豆のとびきりの味わいをご堪能ください。

他商品

商品コード
№ tanbakuromame-0001
商品名
丹波篠山産黒豆
乾豆250g
ポイント
会員12ポイント 獲得
内容量

乾豆250g

賞味期限

1年

配送
ヤマト運輸
配送サイズ
この商品は60サイズです。
配送料
配送料はこちら
原材料名

丹波黒大豆(兵庫県丹波篠山市産)

備考

常温にて保存



 

兵庫県篠山市日置は現在栽培されている丹波黒豆の元の一つ「波部黒(はべぐろ)」が生まれた地です。日置村(現在の篠山市日置)の庄屋:波部六兵衛と波部本次郎によって作られた波部黒は、優秀な種であったため、長く受け継がれ、昭和の頃には在来種となっていました。昭和に入り、波部黒を兵庫県の農業試験場が品種特性などの研究をおこない、「丹波黒」と命名。種を世に送り出したのが現在の「丹波黒大豆」です。

 

圧力鍋で簡単 おいしい黒豆の煮方

時間のかかる黒豆煮ですが、圧力鍋を使えば時短で簡単に美味しい黒豆煮が作れます。丹波篠山産の黒豆の味わいを楽しんでいただくため、甘さ控えめのレシピになっています。甘い味わいをお好みの方は砂糖の量を調整してください。

材料

丹波篠山産黒豆:250g
さとう:180g
醤油:小さじ2と1/2
塩:小さじ1/3
水:5カップ

レシピ

1.黒豆を水で洗い、ザルにとります。

2.圧力鍋に水と調味料を入れて強火にかけ、沸騰したら火を止め、洗った黒豆を入れて一晩浸けておきます。
※煮汁につけてしばらくすると豆にシワがよりますが、そのままつけておくとふくらんできます。

3.圧力鍋のフタをセットして、強火にかける。おもりがふれたら弱火にして20分加熱し、火を止めます。*高圧鍋は加熱時間が1分。豆の表面が煮汁から出るとシワになるため、あまり大きな圧力鍋は使わないでください。

4.そのまま自然冷却します。煮汁に1日浸けておくと、味が馴染み色も深くなってふっくらとしてきます。
※炊き上がった直後は黒豆の一部又は全体が茶色っぽい場合があります。一昼夜つけておくと黒色の色素が戻り、黒っぽくなってきます。


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。