価格帯で選ぶ
























愛媛県:西宇和地区。愛媛県全体の約4割の栽培量を誇り、生産額は5割超。
西宇和のみかんは地区内で2度の天皇杯受賞の栄誉に輝いた事もあり、みかん王国愛媛の中でも高品質なことで知られています。

佐田岬の付け根に位置し、リアス式海岸と標高300m前後の急傾斜の山地に石垣の段々畑が広がる西宇和は、みかん栽培に最高の条件が揃った地勢。
さんさんと降り注ぐ太陽の陽射しは急斜面の山地に万遍なく降り注ぎ、段々畑の石垣や海面の照り返しによる下からの陽射しもたっぷりと受け、西宇和のみかんは最高の味わいに仕上がります。
また120年以上にわたるみかん栽培の技術が、西宇和のみかんの味わいをさらに高めています。

そんな西宇和のみかんの中で、近年注目を集めているのが「紅まどんな」です。
1990年から15年にわたる品種改良の結果、2005年に「愛媛果試第28号」として品種登録された紅まどんなは、大玉で紅の濃い美しい外観と薄く柔らかい外皮と薄皮、ゼリーのようななめらかな果肉が特徴。テレビ番組で紹介されたことで一躍人気となりました。

愛媛県内でしか栽培が許されておらず、また糖度・酸度の出荷基準だけでなく、着色ムラ・果形・キズなどの選果基準もクリアしたものだけが「紅まどんな」と名乗れることから、市場に出回ることが滅多にない大変希少な柑橘です。

あじたびではJAにしうわの協力を得て、希少な紅まどんなの中でも最高等級の「赤秀品」に限定して、産地より直送いたします。

紅まどんなは果皮やじょうのうが極端に薄く、しかも柔軟で果汁が豊富な為、収穫や輸送には大変気を使う柑橘です。
県内最大の収穫量を誇る西宇和地区では最新鋭の選果機を使用し、果実を傷つけることなく、糖度・酸度・果形・着色などを選別。さらに熟練者の目利きによる選別をおこなうことで、安定した品質の紅まどんなをお届けいたします。

手に持つと果実のプルンとした弾力が感じられ、包丁を入れるとキラキラと美しく輝くオレンジ色の艶やかな断面が姿を現します。
カットした断面からはシトラスの甘い香りが広がり、美しい断面と相まって見た目から食欲をそそります。

口に入れれば、みかんやオレンジのような粒感はほとんどなく、ジュレのように口の中で溶けていくような食感。
オレンジのような爽やかでジューシーな甘みが口いっぱいに広がります。
房の皮残りも一切なく、まるでむきたての果実のゼリーを食べているようです。

「これが本当にみかんなのか」とインパクトを受けるその味わいは、あまりのおいしさに誰かに伝えたくて仕方なくなるほど。
一人ではなく是非大勢でお召し上がりいただき、その美味しさを共有していただきたいみかんです。

果物好きをうならせる愛媛が生んだ奇跡のみかん「紅まどんな」を是非お楽しみください。

 

  • 期間限定
  • 予約商品

商品コード
№ madonna-0001
商品名
愛媛西宇和産 紅まどんな
赤秀 約2.5kg
出荷期間
12月上旬~12月中旬
ポイント
会員69ポイント 獲得
内容量

約2.5kg
(3L~Lサイズ:10~15玉)

賞味期限

ご到着後、なるべく早めにお召し上がりください。

配送
ヤマト運輸
配送サイズ
この商品は80サイズです。
配送料
配送料はこちら
原材料名

紅まどんな(愛媛県西宇和産)

備考

保存方法:高温多湿、直射日光を避け常温で保存してください。

生鮮食品ですのでお早めにお召し上がください。

お届け日の指定は出来ません。精品が収穫でき次第の発送となります。



「まどんな」は「南香(なんこう)」と「天草(あまくさ)」という品種の柑橘の掛け合わせで生まれました。正式名称は「愛媛果試第28号」です。2005年に品種登録された愛媛県のオリジナル品種で、まだまだ生産量の少ない新品種です。

まどんなの名前の由来は愛媛県松山を舞台にした「坊ちゃん」に登場するヒロインの愛称でもあり、マドンナは聖母マリア、ドンナはイタリア語で貴婦人を表します。

「紅まどんな」、「媛まどんな」、「愛媛まどんな」、「たくみまどんな」、「媛まるこ」など、さまざまなブランドがあります。
まどんなの特徴として、みかんに比べると果実がやや大きく250g前後と伊予柑程度の大きさであること。糖度12~13度、クエン酸1%と甘みがしっかりと乗っており、しかも若干の酸味もあること。肉質は柔らかくジューシーで食味が優れていること。じょうのう(薄皮)も薄く、肉質良好であること。などが挙げられます。

愛媛県では、糖度・酸が規定の基準に達したものを、JAから「紅まどんな」名で販売し、基準に満たないものを「愛果(あいか)28」名として販売しています。

 

 


関連商品


この商品を購入している人は、こんな商品も見ています。